本文へスキップ

社会福祉法人大田幸陽会はひとり一人が幸せに暮らせる社会の実現を目指す法人です。

TEL. 03-3745-0808

〒143-0013 東京都大田区大森南二丁目15番1号

事業所案内Office

事業所一覧

○○○○○○○○イメージ

のぞみ園(就労継続支援B型)

社会的自立(経済・生活)が最終目標。自ら意思決定し、進んで表現する意欲と力を高める支援。生活を担うための職業・作業支援と訓練を行う。家庭、地域、関係機関と連携し「共に生きる」社会の形成に努める。


○○○○○○○○イメージ

まごめ園(多機能型:就労継続支援B型・生活介護)

知的障害者の人権及び主体性を尊重しながら、作業活動等を通して生活の安定と社会性の向上を図り、豊かな地域生活を目指す。


     ○○○○○○○○イメージ

さわやかワークセンター(多機能型:就労移行支援・就労継続支援B型)

就労に向け希望を失わず、明るく健やかに作業し、地域生活に踏む出すための知識と技能を主体的に学び直す機会を提供します。


○○○○○○○○イメージ

cafe cosmo(さわやかワークセンター出張所)

大田区役所の本庁舎1階に設置する福祉の店を経営することにより、第一に障害者の福祉的就労の場の確保と、就職に向けて援助すること。第二に各就労継続B型施設等でつくった製品の販売の拡充に資すること。第三に以上のことを通して障害者の自立した生活への支援と、障害者理解の促進を目的とする。



○○○○○○○○イメージ

大田区立しいのき園(就労継続支援B型・指定管理者施設)

@利用者が施設の主人公になり、自己表現の場となる施設
A生き生きと過ごし、働く喜びを実感できる施設
B地域の中で働く、明るく楽しい施設


○○○○○○○○イメージ

大田区立新井宿福祉園(生活介護・指定管理者施設)

@利用者の権利と尊厳を守り、一人ひとりの個性と可能性を尊重した支援を行います。
A利用者のニーズを把握し、効果的なサービスの提供と効率的な運営に努めます。
B家族、関係機関、地域社会との連携を図り、利用者の自立を目指します。
C情報公開等により、透明性の高い運営に努めます。


○○○○○○○○イメージ

大田区立池上福祉園(生活介護・指定管理者施設)

@自立した生活を地域の中で営むことができるよう支援します。
A自己選択・自己決定を尊重した支援を行います。


○○○○○○○○イメージ

大田区立大森東福祉園(生活介護・指定管理者施設)

@「このまちに生きる」
重度の障害者も、生まれ育った地域で豊かに暮らし続けることができるよう、
支援します。
A利用者が人としての尊厳を持って、一人ひとり自己実現を図り、 その人らしい
充実した生活が送れるよう支援します。


○○○○○○○○イメージ

大田区立つばさホーム前の浦(心身障害者自立生活訓練施設・指定管理者施設)

@自立生活訓練:自立した生活を目指すため、基本的生活習慣の確立、金銭管理、健康管理、対人関係、その他日常生活に必要な事項に関わる訓練等支援します。
A短期自立生活訓練:保護者から独立して地域社会で生活することを目指している方に対し、具体的な目標を設定し自立生活への支援を図ります。
B緊急一時保護:保護者の持病、休養等の事情により一時的に家庭での介護を受けることが困難になった方を緊急に保護します。


○○○○○○○○イメージ

障害者生活ホーム(共同生活援助)

利用者個々の人格及び尊厳を最大限尊重する視点に立ち、利用者が地域において
共同して自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、入浴、排せつ、食事等の 介護、相談その他の日常生活上の援助を行います。夜間も世話人が常駐して支援を行う体制をとっています。


○○○○○○○○イメージ

ケアサポート幸陽(障害者居宅介護等事業・老人訪問介護等事業)

【障がいのある方へのサービス】居宅介護,重度訪問介護,同行援護,行動援護,移動支援
【高齢者サービス】訪問介護
【その他のサービス】 大田区介護人制度による介護人派遣


○○○○○○○○イメージ

大田幸陽会ラナハウス西糀谷(サービス付高齢者向け住宅)

【提供する生活サービスの内容】
  @安否確認サービス(赤外線感知センサーを各戸に設置)
  A生活相談サービス(定期的に相談会を開催)
  B緊急通報サービス(緊急通報電話機とペンダント式子機を各戸に設置)


○○○○○○○○イメージ

大田区立前の浦集会室(集会室・指定管理者施設)

区内にお住まい・お勤めの方が、障がいのある方の福祉を増進するため、
また、地域の皆様の交流を深めて頂くためにお使い頂ける集会室です。


     ○○○○○○○○イメージ

臨海斎場整美部

@障害者が働く場として、また労働を体験できる場
A事業援助者の受入体制に限界はあるが、事業所は可能な限り開放する。
B委託契約事業として信頼される業務を行い、経営の安定と継続を図る。


○○○○○○○○イメージ

大田区若草青年学級

知的障害のある青年が余暇活動の中で、趣味講座やレクレーションを楽しみながら
学習し、社会生活や生活態度の向上及び仲間づくりの機会を提供します。
(大田区から事業委託を受けて運営しています。)


○○○○○○○○イメージ

相談支援室さんさん幸陽(特定相談支援)

障害者等からの相談に応じ必要な便宜を供与する(基本相談支援)他、障がい者が
障害福祉サービスを利用する前にサービス等利用計画を作成し、一定期間ごとに
モニタリングを行う等の支援(計画相談支援)を行います。



社会福祉法人大田幸陽会

〒143-0013
東京都大田区大森南二丁目15番1号

TEL 03-3745-0808
FAX 03-3745-0923